しみの特効薬・トランシーノ

しみの特効薬・トランシーノ

最近肝斑の特効薬が薬局で気軽に購入できるようになり、世の女性たちの注目を集めています。

 

広告の中で肝斑の解説もしているので、肝斑についての知識もみなさんはだいぶ詳しくなったのではないでしょうか?

 

肝斑というのは医学用語です。平たく言えばしみのことですが、いくつかある種類のうち、女性ホルモンのアンバランスからおこるシミのことをさしていいます。

 

ホルモンの関係上、女性特有のしみであり、目下、額、ほほなどに左右対象で出るのが特徴です。

30代?40代の女性に最も多く見られます。ほとんど顔に集中して出るもので、腕などに出るのは明らかに日焼けですから、根本的にそれとは性質は違います。

 

しみとはいいつつ、輪郭がぼんやりとしていて、くっきりと出る事はあまりないようです。

 

レーザーをあてると悪化する事もあるようですね。製造元は、第一三共ヘルスケアという会社です。

 

肝斑は、専門家でも見分けるのが困難なほどわかりにくいシミですから、自分の顔に出来たしみが、日焼けのものなのか、肝斑によるものなのか、素人では判断に迷う事もあるでしょう。

 

第一三共ヘルスケアのホームページで、チェックサービスが出来ますので、覗いてみてください。

 

このトランシーノですが、「トラネキサン酸」という主成分のほか、「L?システイン」と「ビタミンC」が配合されています。

 

「L?システイン」は、メラニンを生成する酵素の働きを阻害することによって、シミの発生を抑えます。

 

「ビタミンC」は、ご存知抗酸化物資です。メラニンを還元することによって、シミの色素を薄くします。

 

そして、主成分である「トラネキサン酸」は、メラノイトを生成するプラスミンの機能を抑制する事によって、メラニンの生成を抑えます。

 

こういった3つの作用が働く事によって、女性の長年の悩みだった顔のシミを解消する事が出きるようになりました。

 

このように、非常に画期的な薬ではありますが、きちんと用法、用量を守って正しい服用をする事が重要です。

 

これは、すべての薬にいえることではありますね。時々薬についてくる使用説明書をろくに読まずにすぐゴミ箱に捨ててしまう人がいますが、私たちの健康に直接影響を与えるものは、きちんと使い方を理解してから使わなければ、後から深刻なトラブルを引き起こすかもしれません。

 

このトランシーノは、2ヶ月以上連続使用は決してしないようにという注意が出ています。

 

2ヶ月使用したら2ヶ月休み、また2ヶ月服用したら2ヶ月休んで、といった使用法がメーカー推奨の使用法です。

 

すぐには効果は現れないようです。新陳代謝の関係上、どうしても結果がわかるのに1ヶ月以上はかかると言う事なので、最低これくらいの期間はまず試用してみましょう。

 

個人差はあるので、けっして服用したすべての人に効果が必ず出ると言う保障はありませんが、会社自身での調査では、8週間の調査で、約2ヶ月で効果が現れた人の割合が全体の8割弱いたようなので、しみへの効果はかなり期待できそうですね。

 

ただ、注意してほしいのは、主成分に使われえているトラネキサン酸は、風邪薬などに入っていたりする事も多いようなので、もしも病院などで出された薬にこの成分が含まれている時は、トランシーノの服用をただちに中止しましょう。

 

また、体質やその時の体調などで、予想外の副作用、トラブルが起こる事もあるでしょう、もしもちょっとでも異変を感じたら、ただちに使用を中止し最寄の医師に相談する勇気も必要です。

 

いろいろ不安材料が残る薬ではありますが、選択肢の一つに入れて見てはいかがでしょうか?

page top