シミ対策のポイント

シミ対策のポイント

しみが出来る最大の要因としては、周知の通り紫外線をまずあげることができます。とにかくさまざまなトラブルの元凶となっているので、しっかり対策をとる事が大切です。

 

シミを克服すると言う事は言い換えれば紫外線との仁義なき戦いに勝つということです。外出するときは、つばの広い帽子を被ってみたりとか、日傘を差すと言う事もいいでしょう。

 

念を入れて日焼け止め乳液をしっかり塗り、さらにその上からパウダーをつけることで、顔に直接紫外線を浴びないようにしましょう。

 

これだけでもしみのできぐあい、肌のダメージはかなり違います。

それでも紫外線を浴びしまったら、美白液で早急にケアする事も忘れないでください。

 

紫外線を長時間受けると、ただちにメラノイトが感知しメラニンを分泌します。新陳代謝が低下していればメラニンは排出物として外部へ出られず、結果的に色素沈着が起こります。

 

紫外線は深刻な乾燥肌を作ります。潤い成分を失った肌は大事な角質がはがれ、穴が開いたようになります。

 

そこからさらに水分も抜けていくので、肌は硬化し、がさがさ肌になります。後に残るのは古い角質(死んだ細胞のかす)で、それがさらに肌の新陳代謝を悪化させると言う悪循環を繰り返すようになります。

 

紫外線は、大事な若返り成分であるコラーゲンをも破壊します。これによって肌にしわが増えるだけではなく、シミをも作ってゆくのです。

 

紫外線は、事実を知ればゾッとするような現象を肌細胞の奥深いところで引き起こしているのです。

 

「夜更かしは美容と健康の敵」と言うのはよく聞きますね。あれは確かに的を得た一言です。人間の体には、一定のリズムと言うのがあります。

 

日中は脳の活性化のために血流は脳に流れていきますが、夕方から深夜にかけては脳も休養が必要なので、血行はむしろ脳から下へ巡回していきます。

 

ですから、お肌のメンテナンスも夜間に活発に行われます。特に22時?3時の間は日中の疲れを癒し、ダメージを受けた細胞が新しい細胞と入れ替わる時間帯なのです。

 

すなわち新陳代謝がもっとも活発に行われるのはこの夜間という事です。もしもこのときに、しっかり体が休んでいないと細胞は再生するチャンスを失ってしまうのです

 

たまに化粧をつけたまま寝てしまうとか、深夜まで宴会や遊びに夢中になる人がいますが、大事な細胞の再生のチャンスを自らどぶへ捨てていることになるので、実にもったいない話です。

 

むろん、仕事や付き合い、あるいは子育てなど、なかなか思うようにいかないと言う事はあるでしょう。

 

それぞれの生活パターンに合わせて、自分流のリズムを形成していく努力は忘れないようにしたいですね。

 

お肌の健康度は体の健康度に比例しています。ストレスからシミが出来た、と言う話を耳にした事ありますよね。

 

それこそ肌が体の疲労に反応した括弧たる証拠です。近代さまざまな要因から、バランスの取れた生活習慣や食生活を維持しずらくなっている事も事実ですが、体と心が心地よいと感じるリズムを意識的に作り出していけうかどうかは、工夫ひとつ、気持ち一つだと思いますが。

page top