シミの予備軍

シミの予備軍

シミと一口に言っても、でき方でいろいろな種類がある事がわかりました。遺伝や怪我で出来てしまったシミはともかく、適切なケアをすれば除去できるしみなら、いくらでも改善の余地はあります。

 

しわはパウダーを厚塗りすればある程度はごまかせますが、濃いシミはパウダーの上から透けて見えたりしませんか??そういう時って本当に悲しくなりますよね。

 

エステを利用した事のある人はよく知ってるでしょう、ハッキリ外へ現れてこない、細胞内にこもっているシミの成分を特殊カメラなどで見せられたりした事ないですか?

言われるままにボックスの中に頭を突っ込んでモニターを覗いたら、顔中シミが広がっていてショックを受けたという経験を持っている人も大勢いることでしょう。

 

"将来のあなたの顔です。"と言われれば、気持ちもあせってくるし、それであわててエステ契約を結んだ人もいるようです。

 

ま、その機械がどこまで信用できるものなのかはわかりませんが(単に化粧のムラを映し出しているだけなのにシミと呼んでいるだけ、といううわさもありますが・・・)シミの予備軍がいることは確かのようです。

 

その前衛としてのくすみという肌トラブルもあります。これが鏡で発見したら要注意です。それこそシミ予備軍と言うことですから。

 

しみ、すなわちメラニンによる色素沈着は、肌をダメージから守ろうとして、皮膚細胞が引き起こすのです。

 

くすみは、メラニンが拡大する前に最後の警告を発していると思ってください。鏡を見ていたずらに嘆いて整形やエステに駆け込む前にもう一度生活を見直してみませんか?

 

お肌トラブルの原因の半分は、日ごろの生活習慣や食生活による事が多いのです。

page top